迷馬の隠れ家〜裏別館〜

旅好き・馬ぐるみゃー・オジアナヲタクな主婦の気まぐれBlogですwこちらは、雑記専用となっております…

自衛権と憲法9条の“ジレンマ”

安倍総理憲法解釈を変更する事で、集団的自衛権…要するに、国連の要請で自衛隊を紛争地域に送り出し、最前線での任務(戦闘含む)を行う事を容認する事を、政府方針として議論する旨を言った訳だが、それ以前として、日本はどんなに世界中から自衛隊の派遣要求を受けたとしても、それができなかったのは、全て、日本国憲法第9条による“戦争放棄”の解釈そのものが、たとえ災害復興の為の人材派遣であっても“禁止事項”として取扱われたからである。では、なんでそうなったのか?

ぶっちゃけ論で言えば、制定された“時期”と“国際情勢”を鑑みれば、本意を弁えずに駄々捏ねする近隣諸国の“諸般の事情”が、日本の“自衛権”そのものをややこしくさせている訳である。つまり、元々、憲法9条は、現在の国連常任理事国(特にアメリカ)が、日本の“報復”を恐れたあまりに作った訳であって、その為にアメリカは本来、自分トコ以外に、日本も“防衛圏”として、軍隊を駐留せざる得なかった訳であり、自衛隊が発足した時点で、日本の防衛に関する権限を移譲した後、撤退するハズだったのに、近隣のロシア…当時のソ連と中国が、虎視眈々と“領土拡大”を狙っていた事もあって、留まらざる得ない…ってのが実情としてある。んでもって、本国からは“軍事費縮小”を言われてるから、万が一、朝鮮戦争が再開され、その“火の粉”が日本に降り掛かっても、守りきれない可能性があるから、アメリカとしては自衛隊を“日本国軍”として認めた上で、バックアップをやって欲しい…という訳である。しかし、憲法9条の“戦争放棄”は、如何なる戦争に対しても、軍備を有して行わない事を宣言してる訳であり、それを当時の日本政府に要求したのは、いうまでもなく、日本の監視に当たっていたGHQの方であり、当時の暫定政府は、大日本帝国憲法からの改正において、それを受け入れざる得なかった訳である。

そう、この“余計な行為”が、日本人が海外渡航先でトラブルに巻き込まれ、取り残された時に、救出を渡航先の政府に依頼せざる得ない訳であり、また、その現地の政府が権力的に脆弱だと、無差別殺戮の犠牲が出ても、その遺族が政府の非を責める事になりかねない訳である。一番わかりやすい話をすれば、ダッカ事件というヤツは、その解決の為に、金銭取引をやった事によって、当時の政府が叩かれたのはいうまでもない話であり、また、北朝鮮による日本人拉致事件が一向に解決しない背景にも、北朝鮮政府が、日本国憲法第9条を“悪用”してるからこそである…そう、日本人救出の為に自衛隊を派遣する事は、北朝鮮に対する“軍事介入”と見做される行為となる訳であり、それを狙ってるからこそ、日本政府は手も足も出ない訳である。当然ながら、中国やロシアとの“領土問題”も実はコレが“原因”と言って良い。つまり、日本は軍隊を持ってても、自分から手を挙げない事をイイことに、好き勝手やってるのが実情なのである。(で、便乗して韓国も竹島を乗っ取ってる様なモンであって…)

そして、国際社会において、日本がPKO活動に参加したくても、憲法上の“制約”のせいで“できない”事をわかった上で、国連等で罵倒してきたのは、戦後の経済復興があまりにも著しかった事と、その“巨万な富”が、魅力的だったからこそである。しかし、昨今の情勢を鑑みると、あまりにも“他力本願”な自衛策が疑問視されているのも事実であり、“戦争放棄”を明記する様呼びかけた当事者自身が、むしろ“軍隊あるなら派遣しろやゴルァ”って言ってる訳である。何度も言うけど、憲法9条は日本の報復を恐れたアメリカや中国、旧ソ連が言い出しっぺであり、それに従ったまでである。それを“卑怯だ”というのであれば、そもそも、これらの国々が、日本をどうしたかったのか、察してもらいたい。そう、日本の個別的自衛権を奪ってまでも欲したのは、自分達の言いなりになる“奴隷”と、そこでしか得られない“貴重な資源”、そして、防衛の為の“盾”である。(個別で言えば、ロシアは“凍らない海”であり、中国は“同一文化圏としての覇権”であり、アメリカは“低賃金で大量生産できる工場”が、日本に求められた条件なのである。)

つまり、本当に“憲法9条”を蔑ろにしてるのは、日本の政府や自衛隊ではなく、近隣諸国であり、常任理事国の“暴走”を止める事もできない国連自身である。むしろ、日本が“何もできない”のは、そういった行為を“禁じた”自分達自身の責任であり、そして日本人の素直な心を“信用しない”連中が、事をややこしくさせている訳である。無論、今の憲法解釈のままでは、自衛隊がすぐさま、かつての日本軍以上の“暴君”になる事はあり得ないし、また、それを理由にバカにする事はあれど、軍事力を行使してまでも攻め滅ぼそうと考えるバカな国は、少数派でしかない。真の意味での“抑止力”になってる事には間違いないけど、それ故に危ういのも現実としてある。まして、公明党が与党側にいるのは、自民党の中にある“軍備拡大”を急進させている連中を牽制し、且つ、憲法改正をどうするのかを見極める為にいる訳であって、支持母体の創価学会を“目の上のタンコブ”みたいに邪険にすれば、必ずそのしっぺ返しを喰らうのは、いうまでもない。言い方を変えれば、いくら“邪魔”だからと排除しようとして強引な事をすれば、必ず失敗して痛い目に遭うのは、歴史を見れば日常茶飯事w 反対派の意見も聞き入れた上で、相手が一番納得する“説明”をやってこそ、初めて事は進む訳である。今の日本が、軍事的に“中途半端”なのは、憲法をめぐる議論がどうしても進まない上に、近隣諸国が自らの不信感から過剰な防衛を敷いているからである。ま、自分さえ良ければ的な考えでいけば、日本はもう一度、鎖国するべきなのかもしれないが…