迷馬の隠れ家〜裏別館〜

旅好き・馬ぐるみゃー・オジアナヲタクな主婦の気まぐれBlogですwこちらは、雑記専用となっております…

仏法用語を身近にする豆知識・その4…増上慢とは情弱の別称。

日蓮宗系宗教団体ならよく使う言葉に、“三類の強敵”という言葉がある。これ、ぶっちゃけて言えば、自分達に対する批判をする連中に対して使ってるトコがあるんだが、本来の意味は、布教活動を阻害する存在であり、身分や立場を踏まえた上で、3パターンに分け…

仏法用語を身近にする豆知識・その3…どんな事案も“ケースバイケース”なりw

佐渡御書に“摂受(しょうじゅ)折伏(しゃくぶく)時による”という御金言がある。正法流布(宗教哲学の普及)を行う時、相手の意見を聞き、その思いを汲み取りながら仏法へと導くのが“摂受”であり、相手の意見を聞き、それを批判して正しき道へと導くのが“折伏”の…

自衛権と憲法9条の“ジレンマ”

安倍総理が憲法解釈を変更する事で、集団的自衛権…要するに、国連の要請で自衛隊を紛争地域に送り出し、最前線での任務(戦闘含む)を行う事を容認する事を、政府方針として議論する旨を言った訳だが、それ以前として、日本はどんなに世界中から自衛隊の派遣要…

データはいつでも“嘘”をつくw

被曝して鼻血ブーな話の続きw 政府の提示してるデータが信用できない、その最大の理由は、民主主義…というよりも資本主義国家であるが故の話。そう、アメリカが銃乱射による犠牲者が出ても規制を掛けられないのは、多くの政治家に全米のライフル業者・企業が…

“全部〇〇のせいだ!!”は、自分自身の事だと思え。

まぁ…ある意味“終わった話”を穿り返して、ギャーギャー騒いでる様だが、その件に関して一言でいえば、マンガを含む作家とは、稀代の“嘘つき”でなければ務まらん。何故なら、多くの小説は“事実に基づいた”と言えど、作家自身の“妄想”を言葉に書き起してるだけ…

差別用語と民族言語

とあるサッカーファンが、マンチェスターユナイテットに関する略称について、日本流の“マンU”は、侮蔑言葉だからやめて欲しいと言うネタを上げている。その理由として、ドイツ語で発音すると“肥料”を意味してて、60年程前にあった航空機事故で主力選手が“帰…

仏法用語を身近にする豆知識・その2…十の概念、五つの比較

創価学会を含む、日蓮・法華系宗教団体に属してる者であれば、“五重相対(ごじゅうのそうたい)”って言葉を耳にする事がある。そもそもは、日蓮が考える仏法のあり方が“正しい”とする概念の“検証方法”なんだが、これは何も、日蓮仏法だけの話ではない。ぶっち…

経済が滞ってる最大の“要因”とは…

最近、特定の玩具が品薄状態である。その殆どの原因は、それを見越して転売をやる“バイヤー”が暗躍してると、一部の報道で流れている。これ、玩具に限らず、いわゆる“地域限定”とか“数量限定”という謳い文句があるモノは、多かれ少なかれ、こういった転売目…

韓国の海難事故について…

報道されている範囲での判断では、完全に船長をはじめとするクルー全員に非がある訳で、まして、乗客の安全よりも己の命を最優先にしてる時点で、旅客船を運行する人間とは思えない話である。いくらなんでも、悪天候や整備不良で出航が遅れたからと言って、…

差別を助長させている概念とは…

ここんトコ、韓国人廃絶を訴えるネタが多い様だが、コレは単にマナーレスな連中が目立つからそうなるだけであって、根幹的な解決にならないどころか、却って日本人の“人種差別”が海外で固定概念化されやすくなる。もちろん、マナーレスには国境が無いから、…

民あっての国…

タイトルの言葉を鎌倉時代に叫んだのは、日蓮である。当然だが、日蓮の宗派に属する者であれば、これが何を意味するか、イヤというほど実感してる事ではなかろうか?台湾の騒動も、結局は為政者が“民衆の声”を無視したからこそであり、為政者は民衆が怖いか…

憲法第9条を守りたいなら…

日本が軍備を整えてると、中国メディアがギャーギャー言ってる様だが、そもそも論を言えば、日本国憲法第9条は、日本が軍備をしない事ではなく、周辺国家が過剰な軍備を行い、日本を戦渦に巻き込まない事を条件とする話であり、また、日本から戦争をしかけな…

さて、大阪市長選が終わった訳だが…

本来、このネタは本家の方で、チルトに総括をやってもらいたいトコなんだが、ある意味、先に結論ありきな選挙に、多くの有権者が辟易し、投票率すら20数%という低調さを見れば、これが如何に“バカげた選挙”かという事が如実に現れると思う。 そもそも論から…

お笑い番組が“笑えない”…

どうも、オイラの心が歪んでるせいなのか、一般的な“お笑い番組”を見ても、“何が”面白いのかがわからんw もっと言えば、どう見ても“いじめ”でしかない様に思えて、全然、腹の底から笑えないのだ。正直、漫才や落語を見聞きしても笑えないって、よっぽどなん…

男の僻み程、女々しいモノはないw

科学分野において、特に、理化学系の一連の騒動を見て、科学に疎いオイラから見て、あまりにも“女々しい批判”が報じられている事に、呆れている。そもそも、万能細胞にしろ、筋電義肢にしろ、開発当初からバカにされていた訳であり、学説論文に至っては、そ…

ウクライナ情勢がややこしい背景…

ソチで“平和の祭典”をやってたってのに、なんでウクライナは内戦状態になりつつあるのかっていうと、様々なポイントを挙げると見えてくるかと思う。特に、クリミア半島周辺のウクライナ海軍がロシア軍に寝返ったという情報の“裏”には、そもそも論と言える“民…

オリンピックは“無血戦争”の別称…

平和の祭典と称されてる割に、結果に関して国家間の諍いの火種になりやすいオリンピック…そもそも、古代ローマ時代の“オリンピック”とは、都市間の“軍事演習”の場であり、その会場として、オリンピアという都市の競技場で行われた事が転じて、様々なスポーツ…

仏法用語を身近にする豆知識・その1…正法・像法・末法とは?

宗教…特に仏法に関する用語は、日常でも使える言葉と、そうじゃない言葉がある。ま、時代的背景にもよる訳だし、表現として不適切な部分も多々ある訳なんだが…今回は、仏法を齧った程度の知識しかない人でも理解可能な言葉として、“正法・像法・末法”という…

カルトに走る真理とは…

以前、Twitterの方で、何故今でも若者が、カルトな宗教団体へ入りたがるのかわからない…という話があったんで、少し説明したんだが、根本的な話,人間は誰でも、自分の価値を“誰かに認められたい”と思う気持ちを抱えている。しかも、それが自分にとって“都合…

著作権と肖像権

ダイアリーにも書いた事だが、ここでは、よくある著作権や肖像権に関するトラブルを、如何に最小限で抑え込めるかについて、オイラの持論を書かせてもらう。 よく、著作権に関するトラブルが報じられる訳だが、そもそも、著作権っていったい何か?それは、自…

自虐で何が悪い。

中国や韓国の反日感情や、白人共の“イエローモンキーアレルギー”、海洋民族に対する嫌悪感等は、今更感がある。が、根本的な事を言えば、無知である事、そして異文化を“異端”として受け入れられない事が、問題を拗れさせる最大の原因である。ぶっちゃけ、競…

差別の果てにあるモノ…

今、とある脱北者の体験談が、ドキュメンタリー映画や本になって出回っている。詳しい内容はともかく、オイラ的ひねくれ感覚でこれを推考すると、ふたつの“皮肉”を感じざる得なかった。ひとつは、その脱北者は、自分の密告が因で親族が処刑されているのに、…

生き様が迷子な人程“正義”を唱えたがる。

冷凍食品の毒物混入事件。どうも、賃金体系の変更が引き金になっている…という報道を見て、起こるべくして起きた事件だなと考えてしまう。てのも、年功序列方式だと、仕事を適度にサボってても、勤続年数で基本給が決まってるんで、高齢者厚遇の様に感じられ…

都民のいない都議選…

猪瀬直樹前知事の、政治資金をめぐる疑惑による辞職に伴う“やり直し”都知事選。でも、マスメディアは、肝心な事を報じていない…そう、大物候補者ばかりに目を向けすぎて、真っ当な選挙公約を掲げている、いわゆる“泡沫候補”の経歴や活動を、何ひとつ取りあげ…

水難事故と法律の話…

本家でも一度、ライフジャケットの着用に関して解説をやったかと思うが、ここでは、一昨日発生した海自輸送艦おおすみと遊漁船の衝突死亡事故を受けて、改めて解説を行おうと思う。 事故の詳しい事は、他のメディアに任せるとして、基本的に、マリンレジャー…

宗教が忌み嫌われる理由…

本家…てか、ダイアリー側に移設した記事でも散々やった事なんでアレだが、日本に限らず、どこの世界でも宗教が叩かれる背景には、根幹的な問題がある。ひとつは、民族性の否定であり、もうひとつは、それ故の不信感である。ぶっちゃけ論で言えば、自分の身内…

アメリカが原爆を日本に落とした理由…

この別館では、本館(ダイアリー)とは別に、かなり硬派な“妄想”を展開する。だから、こっちでは炎上覚悟な内容が多いかと思うが、それはそれという事で… 史実では、日本に原爆投下を行った理由が、ドイツが早めに投降した事によるとなってる訳だが、考え方を…

テストです…

こちらは、別館です…今後は、アフェリエイト専用の枠として取扱う予定です。とはいえ、気まぐれに、こっちでも記事を書きますので、露骨なアフェリエイトだけのBlogにするつもりは、ございません。タマに、ダイアリー側で書き込めないネタは、こっちでやろう…